快適な住処を作るために

デザイン重視は危険です

注文住宅は、自由に考えて業者に依頼できるので人気です。しかし、その自由度の高さや楽しさからデザインだけを気にして実用性を忘れてしまうことがあります。
デザインを重視することは別に悪いことではありません。見た目を工夫することで視覚的に楽しむことができますし、来訪者からも好評を得ることができます。
ただ、デザインを重視し過ぎて動きにくくなるなど行動に支障が出ると本末転倒です。大切なのはデザインを意識しつつ、普段の行動のしやすさを追求することです。
また、デザインを重視してもずっとそのデザインが好きでいられるか分かりません。人は経年と共に好みが変わる可能性があるので、十年後は志向が変わっているかもしれません。

バリアフリーを意識する

若い時に注文住宅を依頼すると、忘れてしまいがちなのがバリアフリーです。バリアフリーは、若いうちは必要性を理解しにくいですが体が年老いていくと有難味を感じます。
家は、基本的に年老いて寿命を迎えるまで住み続けるものなので、体が不自由になった時のことも考えなければいけません。
リフォームという手段もありますが、出来上がっているものを改良していく作業なので時間とお金がかかります。なので注文住宅で最初から作り上げてしまったほうが安く済みます。自身の体が元気で何不自由なくても、バリアフリーにすると過ごしやすくなるのでメリットがあります。自分の為だけでなく、両親と一緒に住むことになるなど環境の変化はあり得ます。

今は土地代も高くなっており、マイホーム購入も困難となっていますが、分譲住宅の購入でお得にマイホームを手に入れることができます。

© Copyright Home Building Tips. All Rights Reserved.