注文住宅ってなに?

すべてを自分たちで決められる自由度が魅力

注文住宅とは、家を買う人(注文主)の好みに応じて細かく設計できる住宅です。家が完成した状態で販売されることが一般的な建売住宅とは大きく異なり、これから建築するので自由度が高いメリットがあります。間取りや外壁の色など、ほぼすべてを自由にできます。設計士に依頼して、ゼロから家のデザインを作成することも可能です。注文主が自分で設計する能力を持っているなら、設計図を持参して建ててもらう手も考えられます。
自由に決められるとはいえ、建築予定の土地の広さに応じて設計の限界があります。また、理想の家を追求すると、予算がいくらあっても足りなくなる場合もあります。最初に用意できる予算を明確にしておくことが大切です。

部分的に変更することも可能です

いろいろと細かい部分まで注文主の好みに合わせられるのが注文住宅の魅力です。しかし、家を建てた経験のある人はあまり多くないため、決めることが多すぎて困ってしまうこともよくあります。そんな時はハウスメーカーが用意した建築プランの一部だけを変更するとよいでしょう。
「一部だけ」とはいえ、自分たちの好みに合う一戸建てを設計できます。外壁の色、壁紙や床材の種類(カーペット・フローリングなど)、キッチンの設備などです。契約するとハウスメーカーの営業スタッフがアドバイスをくれるので、疑問点はどんどん相談しましょう。一戸建ての住宅は定期的にメンテナンスが必要になるので、外壁の色や壁紙で悩んだとしても後から変更することも可能です。

建売住宅を購入する最大のメリットは、即購入・即入居できることです。また、土地代と建物代で価格が明確になっているためローンの相談も煩雑ではなく、小規模開発に伴う建売の場合には立地環境が良いのも特徴です。

© Copyright Home Building Tips. All Rights Reserved.